ロゴイメージ

工場で安全に働くためのリスク管理

工場で安全に働くためのリスク管理

私たちの生活で、ヒューマンエラー(人的ミス)が原因となって起こる事故は日々多発しています。特に機械や食品を扱う工場勤務では、些細なミスが重大事故に繋がるケースも少なくありません。工場で安全に働くためのリスク管理をテーマにお伝えします。

ヒヤリハットを1件でも減らす工夫を

現場では「ヒヤリハット」という言葉をよく耳にすると思います。ヒヤリハットとは、重大な事故には至らなかったものの、その可能性があった行動を指す言葉です。現代における職場安全管理の基礎である「ハインリッヒの法則」があります。1件の重大事故の裏には、29件の軽傷事故と300件のヒヤリハットが存在するという法則です。

例えば、ある工場で1件の重大事故が起きた場合、その現場では過去に軽い事故が29件発生しており、ヒヤリとするような事例が300件起きていたということになります。逆に、すり傷やヒヤッとする出来事が多発する状況を放置していると、重大事故が起こる可能性も高くなると考えて良いでしょう。そこで工場で働く際には、ヒヤリハットを少しでも減らす工夫が大切です。

食品を扱う現場では「5S」を意識

最も衛生的で安全なはずの食品に、虫や針などの異物が混入していたという事例が増えています。食品が消費者の手に渡るまでには、工場での製造や流通、店舗での作業など様々なプロセスを経るため、必ずしも工場に原因があるとは限りません。
しかしながら、製造現場の衛生管理は向上しても、異物混入をゼロにはできていないという現状があります。

そこで、工場で食品を取り扱う際は「5S」を意識しましょう。5Sとは「整理・整頓・清掃・清潔・しつけ」を意味します。現場の5Sを見れば工場の生産性・信頼性が分かるといわれており、清潔な環境を維持するために不可欠な要素です。食品工場は自動化・省力化が進んでいますが、最終的に異物混入を防ぐのは厳しい人間の目です。ぜひ5Sを意識してリスク管理を行いましょう。

千葉市での工場求人・製造業求人に関することならグレート・インターナショナルにご相談ください。 経験豊富な専任コンサルタントがご希望に合う工場求人をご提案し、就職後のアフターフォローキャリアアップも支援します。千葉市内・千葉市近郊で工場求人をお探しでしたら、お気軽にお問い合わせください。